〒154-0003
東京都世田谷区野沢2-34-7
セントリア駒沢1階

電話マーク

お電話

メニュー

ホワイトニング イメージ
見出しアイコン

ホワイトニング

最適なホワイトニング方法を
ご提案します

ホワイトニング方法にはいくつか種類が存在します。
かかる費用や時間、効果の持続期間も異なるため、生活環境や理想にあわせた方法を選ぶことが大切です。
お口の中の環境や患者様ご自身の状況によっては、ホワイトニングができない場合もあります。

歯を白くして口元をきれいにみせたい方笑顔に自信を持ちたい方は、ぜひホワイトニングをご検討ください。

目次

こんなお悩みはありませんか?

  • 歯の黄ばみが気になる
  • 歯を白くしたい
  • 歯をきれいにみせたい
  • ホワイトニングについて知りたい

当院のホワイトニングの方針

当院では、患者様のライフスタイルにあわせたホワイトニング方法をご提案しております。
歯の色は、顔の印象を左右する大切な要素とされています。
色がくすんでいると暗く、清潔感のない雰囲気を与える傾向にあるため、魅力の低下につながります。

ホワイトニングをして笑顔に自信が持てるようになったという方もいらっしゃいます。
ご自身にあったホワイトニング方法で、白い歯を手に入れましょう。
患者様の笑顔がより魅力的になるために、サポートいたします。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、専用の薬液を浸透させて歯を白くする処置です。
審美目的で行われるもので、通常のクリーニングとの違いは、歯そのものの色を白く変えられる点です。
クリーニングは、歯の表面の着色汚れを取るためのもので、もともとの歯の色を変えることはできません。

生まれもった歯の色は個人差があるため、なかにはどんなにクリーニングでお口の清潔を保っていても、黄ばんでいるようにみえる方もいます。
ホワイトニングは、クリーニング以上の効果を得たい方に向いている処置といえます。

 

●メリット

・笑顔に自信がもてる

白く美しい歯になると、笑顔の自信につながります。
歯が黄ばんでいて人前で笑うことを躊躇してしまう方ほど、ホワイトニングが向いてると考えられます。

・明るい印象を与える

歯が白いと、お顔の印象が明るくみえるといわれています。

・口の中への関心が高まる

ホワイトニングをすることで、より自分の歯を大切にしたい気持ちが強くなる傾向にあります。
お手入れのレベルが上がると、虫歯や歯周病予防にもつながります。

 

●デメリット

・ホワイトニング後にしみることがある

ホワイトニングに使用する薬剤によって、施術後に歯がしみる痛みを感じることがあります。
一時的なものですが、もともと知覚過敏の症状がある場合は、痛みが強くなる可能性が高いため注意が必要です。

・効果が一生続くわけではない

ホワイトニング効果は、一生続くわけではありません。
生活環境によって、効果の持続期間は異なります。
白い状態を維持したい方は、定期的なホワイトニングがおすすめです。

・食事制限がある

施術後24時間は、色の濃いものを口にすることができません
理由は、薬剤によって歯の表面に色が入りやすくなっているためです。
カレー・ナポリタン・ソース焼きそば・チョコレート・コーヒー・赤ワインなどは控えましょう。

・喫煙中の方は不向き

食事と同じく、タバコでも色がつきやすくなります。
ホワイトニングの期間中は禁煙をおすすめします。

クリーニングとの違い

ホワイトニングは、歯の表面の汚れを落とすことが目的ではありません。
専用の薬剤を使って、脱色する処置です。
クリーニングのように歯の表面に付着した汚れは落とすことができないため、ホワイトニング前にはクリーニングが欠かせません
ホワイトニングの役目は、クリーニングでも変えられない歯のもとの色を白くすることです。

ホワイトニングの種類と期間

歯科のホワイトニングには、オフィスホワイトニングホームホワイトニング
両方を使ったデュアルホワイトニングが存在します。

基本的には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらかを選択する場合が多く、
適切な方法は患者様の生活環境お口の中の状態によって変わります。
まずは、それぞれのメリットとデメリット、注意点を知ることが大切です。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で専用の機械を使用して行うホワイトニングです。
高濃度の薬剤を使用するため、ホームホワイトニングよりも早く効果がでやすいという特徴があります。

 

●大切なイベントを控えている方向け

オフィスホワイトニングは、その効果の得やすさから、すでに大切な予定が決まっている方に人気があります。
1回で効果を実感できる方もいらっしゃいます。

 

●副作用を感じやすい

高濃度の薬剤を使用するため、施術後にしみる痛みがでやすくなります。
もともと知覚過敏の症状がある方には、ホームホワイトニングがおすすめです。

 

【ビヨンドホワイトニングシステム】

ビヨンドホワイトニングシステムとは、日本人の歯の質にあわせてホワイトニングを行う方法です。
日本人の歯は、エナメル質が薄めであるため、ホワイトニングの刺激を受けやすい傾向にあります。
ビヨンドホワイトニングシステムのメリットは、刺激を抑えながら効果も期待できる点です。

 

●施術時間が短い

1回で上下の照射が可能なため、施術時間が1回あたり約1時間と短めです。

 

●神経を痛める心配がない

熱や紫外線をカットした光を使用するため、歯の神経を傷める心配がありません。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、専用のマウスピースを作成して自宅で行うホワイトニングです。
場所や時間を選ばずにできるため、自由度が高いという特徴があります。

 

●ホワイトニングをしながら別のことができる

マウスピースに薬剤をつけてはめるだけなので、家事や勉強をしながらホワイトニングをすることができます。
歯科医院へ行く時間がない方や、家事や育児で忙しい方に人気の方法です。

 

●好きなタイミングでやめることができる

もともと知覚過敏の症状がある場合、ホームホワイトニングでも強い痛みを感じることがあります。
装着時間を短くすると痛みの緩和が期待できるため、うまく調整しながら継続することがポイントです。
装着時間を自由に変えられる点もホームホワイトニングのメリットの1つです。

 

●効果を実感するまでに時間がかかる

オフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使用するため、効果を実感するまでに約2週間かかります。
毎日約2時間の装着が理想です。

ホワイトニングの持続期間

生活環境にもよりますが、オフィスホワイトニングよりもじっくり時間をかけて歯を白くしていくホームホワイトニングのほうが持続期間が長い傾向にあります。

 

●オフィスホワイトニングの場合

効果の持続期間は、約3ヶ月~6ヶ月です。
一気に白くする分、色戻りしやすいため、白い状態を保ちたい方は定期的に受けることがおすすめです。

 

●ホームホワイトニングの場合

効果の持続期間は、約6ヶ月~1年です。
薬剤の残りを冷蔵庫で保管しておくことで、いつでもホワイトニングを再開することができます。

効果を持続するポイント

●継続する

ホワイトニングの効果を持続させるためには、施術の継続がおすすめです。
とくに後戻りしやすいオフィスホワイトニングは、定期的な施術が大切です。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用すると、より効果的であり、持続率を上げることが期待できます。

 

●色のつきやすい飲食物を口にしない

色のつきやすい食べものや飲みものを口にする回数が少なければ、それだけ色戻りもしにくくなります。
「口にしたあとに水でゆすぐ」というような、できるだけ色がつかないよう工夫しましょう。

 

●禁煙する

タバコのヤニで歯が黄ばみやすくなるため、喫煙中の方には禁煙をおすすめしています。

 

●口の中を清潔に保つ

歯垢が大量についている状態や、歯ぐきからの出血がある状態だと、自然と歯もくすんでみえる可能性があります。
お手入れの改善定期的にクリーニングを受けるなど、歯の白さを活かせる環境づくりを心がけましょう。

ホワイトニングの流れ

01

カウンセリング・口の中のチェック

口腔内の汚れ虫歯の有無をチェックします。
問題がみつかった場合は、問題を解決したあとのホワイトニングがおすすめです。

歯の色を患者様と確認いたします。
ご希望があれば、歯の色のお写真もお撮りします。

02

クリーニング

ホワイトニングの薬液を塗布する部分の歯の表面をきれいにします
バイオフィルムを除去し、薬剤が浸透しやすい状態にします。
歯科医院でクリーニングをしばらくしてない場合には、ホワイトニングの前にお口全体のクリーニングをおすすめしています。

03

ホワイトニング

歯ぐきを保護したあと、歯の表面に薬剤を塗布します。
10分間の光照射と余分な薬剤の除去を数回繰り返します。

04

仕上げ・歯の色をチェック

歯の表面をコーティングし磨き上げます
汚れがつきにくくなるため、着色予防にも効果的です。

歯の色をご確認していただきます。
1回の施術でご希望の白さにすることはむずかしい場合が多く、数回の通院が必要になることもあります。

ホワイトニングの注意点・リスク

●ホワイトニング前には
かならず口腔内の状態を確認

ホワイトニングが適さない環境や状況もあるため、口腔内の状態を確認しなければホワイトニングをすることはできません。

 

●ホームホワイトニングは寝過ごしに気をつけましょう

ホームホワイトニング中に寝てしまい、長時間薬液がついたままの状態ですと、歯に痛みが出る可能性があります。
また、唾液と一緒に飲みこむことで気分が悪くなる可能性もあるため寝てしまわないように気をつけましょう。

 

●マウスピースの紛失や破損はつくり直し

型を取るタイプのホームホワイトニングの場合、マウスピースがなければホワイトニングを行うことができないため、紛失や破損時には作り直しが必要です。
作り直しには別途費用がかかります。

 

●妊娠中はホワイトニングができない

薬剤による胎児への影響が考えられることから、妊娠中はホワイトニングを受けることができません。

よくある質問

すべての歯を白くすることができますか?

詰め物や被せ物の色は変わりません。
また、神経のない歯も通常のホワイトニングでは効果を得ることがむずかしく、ウォーキングブリーチという歯の内側から白くする処置で対応する必要があります。

ホームホワイトニングで痛みが強いときは期間をあけた方がいいですか?

ホームホワイトニングは効果を得るまでに時間がかかるため、期間をあけるよりもホワイトニングの時間を短くして対処することがおすすめです。
それでもしみる痛みが強い場合は、数日あけて再度お試しください。

歯ぐきがただれました。
どうしたらいいですか?

歯ぐきに薬剤がふれたことが原因です。
薬剤を塗布する位置や量を調整し、薬剤が歯ぐきに触れないようにしましょう。
ただれてしまった部分は歯ブラシの毛先が強くあたると痛いため、やわらかめの歯ブラシを使ってなでるように磨くことをおすすめします。

▲ ページTOPに戻る

著者 Writer

著者画像
関屋 亘(セキヤ ワタル)
【所有資格】日本接着歯学会 専門医 / 日本口腔インプラント学会 専修医
【生年月日】1979年6月11日

▼ご来院される患者さまへ一言
一生懸命、治療させていただきます。
お口のトラブルにお悩みの方、ぜひ当院へご相談ください!

MEDICAL

接着治療アイコン

接着治療

インプラントアイコン

インプラント

審美歯科アイコン

審美歯科

一般歯科アイコン

一般歯科

口腔外科アイコン

口腔外科

小児歯科アイコン

小児歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

歯のクリーニングアイコン

歯の
クリーニング

予防歯科アイコン

予防歯科

ホワイトニングアイコン

ホワイトニング

歯周病治療アイコン

歯周病治療

EXAMINATION

定期歯科検診イメージ

定期歯科検診

詳しく見る

乳幼児歯科検診イメージ

乳幼児歯科検診

詳しく見る

レントゲン検査イメージ

レントゲン検査

詳しく見る

CT検査イメージ

CT検査

詳しく見る

歯周病検査イメージ

歯周病検査

詳しく見る

ABOUT US

医療法人社団 亘誠会
関屋デンタルクリニック駒沢

住所

〒154-0003
東京都世田谷区野沢2-34-7
セントリア駒沢1階

最寄駅

東急田園都市線「駒沢大学」駅東口より徒歩10分

駐車場

提携の駐車場はありません。お近くのコインパーキングをご利用ください。

9:30〜13:00
14:30〜19:00
お電話でのお問い合わせ

03-6804-0366

BACK TO TOP

診療案内アイコン

診療案内

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー